業務用の食材って?

業務用食品の賢い使い方

業務用食品の賢い使い方 業務用食品というと、あまり身近に感じられない人でも、業務用スーパーなどという看板を目にしたことがある人は多いことでしょう。
業務用スーパーでは、一般のお店には売られていないような業務用食品や雑貨などが販売されているので、使い方に工夫すれば、とてもお得で魅力的といえます。
業務用食品の賢い使い方としては、購入後、すぐに小分けするということです。
冷凍食品などが販売されている場合、その量は普通の商品と比較すると、かなり大量になっていますので、そのままでは一般家庭では賞味期限内に食べきることはむずかしいでしょう。
しかし、小分けにラップなどで包み、冷凍庫で保存すれば、使いたいときに手軽に取り出すことができるので、毎日のメニューに悩んでしまう人にもおすすめです。
また、お弁当を毎日作らなくてはならない人や、働いていて食事の支度がむずかしいような場合にも、大活躍してくれるので、価格が少々高めに感じてもお得になることが多いものです。

業務用食品の冷凍鶏肉などの使い方

業務用食品を個人向けに小売する業態の店舗が増加傾向にありますが、こうした店では冷凍の鶏肉が大きなロットで販売されています。
キロ単位で販売されていて冷凍故の鮮度の高さがあり、且つ単位量当たりの値段は一般のサイズと比較してかなり安いので、上手く利用出来れば家計を助けてくれるものとなります。
使い方としては、どの部位に当たるかによって大きく異なります。限られた部位の商品で1個当たりの大きさは小さく数量が多いといった商品であれば、買ったまま冷凍保存して都度解凍する事により、焼く・煮る・揚げるといった様々な調理をする事が出来ます。
ですが部位によっては、業務用食品らしさを発揮して大きな塊がそのままというケースもあります。この場合は部分的な解凍が困難ですが、解凍後は鮮度の低下が進むので一気に調理する事を考えなければなりません。
そこで予め複数のレシピを用意して置き、それらを一気に下ごしらえ・調理した上で直近に食べる分以外は調理後の再冷凍で対応するのが適切と言えます。
揚げる状態の前の唐揚げ・後の再加工にも適し易い蒸し鶏等には利用し易い方法となります。