業務用の食材って?

業務用食品の卸売から直接購入

業務用食品の卸売から直接購入 業務用食品、という言葉をご存知でしょうか。
賢い主婦の節約術などでよく登場する言葉ですが、うまく活用すれば節約効果を高く得ることができると言える方法の一つです。
業務用食品とは、主な販売の対象を一般の消費者ではなくレストランや居酒屋などの料理店、バーやスナックなどを中心として設定されている食品のことです。
中身は一般消費者向けのものと同じであることが多いですが、包装単位が大きく、またパッケージによる販売促進をあまり考慮されていないためシンプルなパッケージデザインをしていることが多いという特徴があります。
一般的な流れでは卸売業者から小売業者に周り、そこから一般消費者に向かって販売がされますが、近年はインターネットの発達などでこれらを容易に入手することが可能となってきました。
いわば、卸売業者から直接購入しているという形になります。
小売業者を間に挟まない分安価であることが多かったり、といったメリットがあり、活用法を考えるのに値するだけの価値があると言えます。

ぜひ買っておきたい、おすすめの業務用食品とは?

最近では、さまざまな業務用食品を実店舗やネットスーパーで購入できるようになりましたが、なかでも「これだけは、ぜひ買っておきたい」という、おすすめの業務用食品は、スモークチキンやハムなどの加工食品です。
通常のお店の半分くらいの価格で、大容量となっていますので、小分けにして冷凍保存しておくと便利です。
夕食のサラダにも便利ですし、お子さんのおやつやお弁当のおかずにも大活躍します。
また、冷凍野菜なども、冷凍庫に常備しておくと、お弁当のちょっとした彩や、スープ、シチューなど、何にでも利用することができます。
なかでも、インゲンや青ネギ、玉ねぎ、オニオンソテーなどは出番の多い食材です。
カレー用のじゃがいもやニンジン、玉ねぎなどをセットにして冷凍してあるものは、共働きなどで忙しい主婦におすすめの冷凍野菜です。
また、ブロッコリーやカリフラワーなどの冷凍野菜もシチューに加えると、少し手間が掛かっているように見えますし、味も断然美味しくなります。